2012年07月24日

ダーリンメモ 2012/7/24

なんか宮沢章夫のエッセイみたいだけど面白い。

まいったなぁ。
 ぼくは、どうやらたまに寝言を言うらしい。
 それも、むにゃむにゃとかじゃなくて、
 家人の言によれば「口跡もよく、明言という感じ」。
 苦笑しながらという風情のときもあるし、
 真剣に言っておくぞというような調子もあるという。
 
 いちおう、最後の寝言として記憶されているのは、
 「つうきせい(通気性のことかと思われ)」である。
 空気の通りのことについて、ぼくは寝言した。
 (ん、「寝言する」という言い方は気に入ったぜ)
 じぶんが「通気性」と預言していたことについて、
 ぼくは「受け容れよう」と決めたのだった。
 その日から、生きることのなかに、
 「通気性をチェックする」という一仕事を加えた。
 企画にしても、組織にしても、服や建物についても、
 「通気性は大丈夫かな?」と考えることにしている。
 これは、おおいに善いことだったと思う。
 
 そして、昨日だ。
 「また、寝言を言った」と伝えられた。
 言われてもぼくはあわてない。
 女性の名だったり、下品な単語であったりしても、
 眠ってる人間のすることだ、知ったことではない。
 しかし、あわてないとはいえ、気にはなる。
 「なんて言ってた?」
 「けっこう強い口調で、『もう、飽きた!』って」
 ‥‥そうか、そんな身も蓋もないことを寝言したか。

 「もう、飽きた!」‥‥東北の旅をしていて
 「もう、秋田!」と言ったのかもしれないけれど、
 たぶん、そうじゃないんじゃないかなぁとは思う。
 
 眠っているおれよ、もうちょっとヒントをくれ。
 なにに「飽きた」のだ。
 起きてるおれは「飽きた」ことをガマンしているのか?
 それとも、じぶんに関係の薄いなにかに「飽きた」のか。
 いちばん知りたいのは、じぶん自身だっつーの。
 「人生に飽きただったりして」と冗談を言う唇が寒い。
 次の寝言が出るまでは、「飽きた」のチェックをします。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
飽きたを100万回言ったあとに、夢の領域が見えるのだ。
posted by DOKSO at 15:56| Comment(0) | itoi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

ダーリンメモ 4/7

 
・ものすごく歌のうまい人っていますよね。
 そういう人って、ことばの意味なんかわからないような
 幼児のころから歌がうまかったりする。
 「どうしてそんなにうまいの?」と訊いたって、
 本人だって、どうしてだかわからない。
 
 同じように、踊りのうまい人だっています。
 運動のものすごく得意な人もいます。
 どうしてっていうくらい絵のうまい人もいます。
 表情が豊かでつい見ていたくなるような人もいます。
 人を笑わせるのがすっごく上手な人もいます。

 みんなすごい才能だと思います。
 なかなか比べるのもむつかしいし、
 数字に置き換えにくいことなのですが、
 あきらかに、「すてきなもの」として存在してます。
 
 そして、その「すてきなもの」は、
 時にはプロのアーティストとして評価され、
 また時にはプロのアスリートとして認められたりします。
 だけど、そのことでめしを食っていくほどじゃないけど、
 そういう「才能」が、たっぷりある人はたくさんいます。    
 ただ、仕事になりにくいので、
 眠ったままになったり、
 そのまま錆びててしまうことも多いんですよね。
 
 インターネット以後というのは、ここらへんの状況を、
 ものすごく変えてくれたんじゃないでしょうか。

 プロにはならないけど、ものすごく歌がうまい人は、
 いまの時代だったら、世界に向けて歌えますよね。
 それで食っていくというわけじゃなくて、
 「すてきなもの」を分けあえる、それで喜んでもらえる、
 けっこうな拍手やお礼のことばももらえたりもする。
 辣腕のマネージャーやら大きな代理店もいらない。
 インターネットのすごい技術も必要なわけじゃない。
 すっごいことだと、あらためて思うんです。
 「チャンスがない」なんてグチ言ってられないし、
 「他に仕事があるから」なんていいわけもできない。
 いわば、幸運がごろごろ転がってる時代じゃないのかな。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
あなたもぼくも、ほんとは世界とつながってるんですよね。
posted by DOKSO at 16:00| Comment(0) | itoi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

ダーリンメモ 3/21

・大人の言うことって、いいかげんだなぁと、
 多くの青少年は思うものです。
 一生愛していこうと決めた女性にふられて悲しんでたら、
 「もっといい娘が出てくるよ」だとか、
 「初恋は実らないほうがいいんだ」とか、
 わけのわからないことを言いよりますからね。
 
 「もっと失敗しろ」とか、なにそれ?
 「急がばまわれ」って、理屈に合ってないじゃん?
 「時間が解決してくれる」なら、することないだろう?
 とか、まともなことを言うと、
 「おまえも、いずれわかる」って煙に巻くんですよね。
 
 そして、よくよく聞いてみると、
 そういう大人たちも、じぶんが若いころには、
 大人に向って「いいかげんだなぁ」と言ってたらしい。
 とんでもない昔々から、
 「近ごろの若者はだらしがない」というご意見が、
 お年寄りのなかから聞こえていたらしいけれど、
 同じように「大人って、いいかげんだ」という声も、
 若い人たちはあげていたことでしょう。
 
 で、いまさら、ぼくは思ったのですが、
 若いときって、トーナメント戦のように生きてるんです。
 そして、誰でも、そのトーナメントで何度も敗退して、
 「おいおい、これじゃ出番がなくなっちゃうよ」と、
 生きることはリーグ戦なんだと、ルール変更するんです。
 そういうことなんじゃないかなぁ。
 「おまえは、どうなんだ?」と訊かれたらですね、
 ぼくはもう、リーグ戦ですらないと思っています。
 勝ちも負けもないことだらけ、引き分け、無効試合、
 観客乱入、試合続行不可能、共倒れ、両者勝利‥‥etc。
 そして、それがつまらないかというと、逆でね。
 このぐずぐずっとした不定形で奇妙な感じが、
 実はずいぶんとおもしろいもんなのです。
 ‥‥なんて書くと、「いいかげん」よりたちが悪いか。
 
 負けに見えても出場できる、勝ってもなんの保証もない。
 だけど、苦しくてもたのしくても出場だけはしていたい。
 そうしたら、やっぱり永遠の「リーグ戦」でしょう?

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
よく見て、あちこちで新しいことがはじまっていますから。
posted by DOKSO at 07:21| Comment(0) | itoi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。