2012年03月22日

ダーリンメモ 3/21

・大人の言うことって、いいかげんだなぁと、
 多くの青少年は思うものです。
 一生愛していこうと決めた女性にふられて悲しんでたら、
 「もっといい娘が出てくるよ」だとか、
 「初恋は実らないほうがいいんだ」とか、
 わけのわからないことを言いよりますからね。
 
 「もっと失敗しろ」とか、なにそれ?
 「急がばまわれ」って、理屈に合ってないじゃん?
 「時間が解決してくれる」なら、することないだろう?
 とか、まともなことを言うと、
 「おまえも、いずれわかる」って煙に巻くんですよね。
 
 そして、よくよく聞いてみると、
 そういう大人たちも、じぶんが若いころには、
 大人に向って「いいかげんだなぁ」と言ってたらしい。
 とんでもない昔々から、
 「近ごろの若者はだらしがない」というご意見が、
 お年寄りのなかから聞こえていたらしいけれど、
 同じように「大人って、いいかげんだ」という声も、
 若い人たちはあげていたことでしょう。
 
 で、いまさら、ぼくは思ったのですが、
 若いときって、トーナメント戦のように生きてるんです。
 そして、誰でも、そのトーナメントで何度も敗退して、
 「おいおい、これじゃ出番がなくなっちゃうよ」と、
 生きることはリーグ戦なんだと、ルール変更するんです。
 そういうことなんじゃないかなぁ。
 「おまえは、どうなんだ?」と訊かれたらですね、
 ぼくはもう、リーグ戦ですらないと思っています。
 勝ちも負けもないことだらけ、引き分け、無効試合、
 観客乱入、試合続行不可能、共倒れ、両者勝利‥‥etc。
 そして、それがつまらないかというと、逆でね。
 このぐずぐずっとした不定形で奇妙な感じが、
 実はずいぶんとおもしろいもんなのです。
 ‥‥なんて書くと、「いいかげん」よりたちが悪いか。
 
 負けに見えても出場できる、勝ってもなんの保証もない。
 だけど、苦しくてもたのしくても出場だけはしていたい。
 そうしたら、やっぱり永遠の「リーグ戦」でしょう?

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
よく見て、あちこちで新しいことがはじまっていますから。
posted by DOKSO at 07:21| Comment(0) | itoi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。