2012年02月01日

ダーリンメモ 2/1

川勝正幸さん死亡のニュースを知った夜に読んだ。


気のせいなのかもしれないのだけれど、
 こうして、冬に、とても寒い日が続くと、
 人が亡くなったというニュースが多くなるように思う。
 寒さが、直接に、人のいのちを奪っている
 ‥‥というわけじゃないのだろうけれど、
 とても寒い日を感じているときには、
 遠くへいった人の話を、よく聞くように思えるのだ。
 
 生まれて、そして死ぬということは、
 誰にもかならずついてくることなので、
 それを格別に悲しむことはないという言いかたもある。
 そうなんだけれどね、それをそのまま受け容れるのは、
 ちょっとできない相談だ。
 「もういいや」と思うまで生きて死ぬ、という人も、
 ひょっとしたらいるのかもしれないけれど、
 たいていは、生きてきたこの世に、
 少なくない未練を残して旅立つのではないか。
 生きることそのものは、腹が満ちるようにはいかない。
 
 しかも、遠くへゆく人は、
 さよならの瞬間を知らぬまま旅立ってしまう。
 死について考えることは、
 なんとも、解決のしようもないことばかりで、
 どうどうめぐりしているばかりだ。
 
 ずいぶん寒い日が続くね。
 こればかりなら、言える。
 いくつものさよならが、寒さのなかにある。

・昨年の12月から今年の1月になって、
 カレンダーを取りかえたはずなのに、
 まだ一年経ったという実感がないままです。
 どうも、ぼくのこの一年は、
 三月のあの日から数えているように思います。
 長い時間が過ぎて、ようやく二月になりました。

・いまさらながら、「げんきでやろう」です。
 バカみたいと思われようが、
 元気でなにをしたいかが問題なんだ言われようが、
 「おまえも、げんきでやろう」と言いたい冬です。
posted by DOKSO at 23:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。