2015年08月16日

2015_08_16

吉本隆明さんが「ありがとう」というのを、
 あんまり聞いたおぼえがない。
 それはそれで、なかなか吉本さんらしくてよかった。

 昔の日本で育った人は、あんまり
 「ありがとう」と言う習慣はなかったような気がする。
 いまなら「ありがとう」というような場面では、
 「すみません」とは言っていたと思う。
 そして、「ありがとうございます」というように、
 「ございます」をつけた礼儀のことばとして使っていた。
 「ありがとう」をナマで使えるのは、
 目上の人から、下の人へだけだったのではなかったかな。
 同格や、とても親しい間柄だった場合にでも、
 あらためて「ありがとう」なんて言ったら、
 「よせやい、水くせぇ」ということになるだろう。
 「礼にはおよばねぇよ」というのも同じことだ。
 
 感謝を伝える、親しい関係のなかでも、こまめに伝える、
 というのは、人間関係の技術のひとつとして、
 ある時代から広まった文化なのではないだろうか。
 ぼく自身のことを考えても、ぼくの「ありがとう」は、
 意識的に「好もしい習慣」として学んだものだと思う。
 自然にしていたら、「ありがとう」の場面で、
 「いやぁ、これはどうも」「わぁ、すみません」
 と、吉本さんと同じような反応をしていたのではないか。
 「ありがとう」は、言ったほうがよろこばれるし、
 さまざまな関係がスムーズであるような気がして、
 江戸時代の人が洋服を着るように学んだのだ。たぶん。
 
 もちろん、いまの社会の流れのなかで、
 「ありがとう」と言うことは、もっと広がるだろう。
 ただね、感謝の気持ちをぜんぶことばに出すだけでなく、
 「沈黙」の大海のなかにゆらゆらさせている人も、
 いてもいいんだよ、と、思ってもらえるといいなぁ。
 
 これは、「ありがとう」ばかりのことじゃない。
 「愛してる」だとか、「悲しい」「うれしい」でも、
 ことばにして言うだけじゃなく、感じてる人がいるんだ。
 「有言実行」がよいことともてはやされるけれど、
 そのことばの先祖は「不言実行」だからねー。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
「ありがとう」と、「握手」も、似ているような気がする。
posted by DOKSO at 22:55| Comment(0) | itoi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。