2013年05月12日

ダーリンメモ 2013/05/10

・脅かす、怖がらせるというのは、
 人間には、とても効き目のあるやり方です。

 じぶんの生命が脅(おびや)かされると思ったら、
 人は、注意深く真剣に話の続きを聞きます。
 もう常識になっていることですが、
 週刊誌やワイドショーなどが、
 次々に人の恐怖を煽り立てるのは、
 「そのほうが売れる」からだと言います。

 たしかに、「どこそこの湖の水位が下がった」
 というふうな事実でも、
 「よく下がっているので、珍しいことではない」
 という記事にしたら、買う必要もなさそうです。
 「異常な事態で、天変地異の前触れの可能性が高い!」
 というテーマで記事にすれば、
 「これは知っておかなきゃ!」と続きを知ろうとします。 
 そして、なにも起こらなかったとしても、
 「注意しているにこしたことはない」とか、
 「なにも起こらなくてよかった」とか、
 「しっかり備えるいい機会になった」と言い訳できます。

 脅かすというのは、効き目があるんです。
 「あの人に殺されますよ!」という脅しが、
 心優しい人にナイフを握らせる方法です。

・ぼくはツイッターで、何度か同じツイートをしています。

 <ぼくは、じぶんが参考にする意見としては、
 「よりスキャンダラスでないほう」を選びます。
 「より脅かしてないほう」を選びます。
 「より正義を語らないほう」を選びます。
 「より失礼でないほう」を選びます。
 そして、「よりユーモアのあるほう」を選びます。>

 これ、同意してくださる方もたくさんいるのですが、
 「わからない」という方も、怒る方もおりました。
 わかるように説明する方法を見つけました。
 これ、「じぶんの命をあずけるお医者さんを選ぶ」のと、
 まったく、同じなんだと思うんです。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
ついでのように言ってますが、ユーモアってのも大事よ〜。
posted by DOKSO at 06:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。