2012年07月24日

ダーリンメモ 2012/7/24

なんか宮沢章夫のエッセイみたいだけど面白い。

まいったなぁ。
 ぼくは、どうやらたまに寝言を言うらしい。
 それも、むにゃむにゃとかじゃなくて、
 家人の言によれば「口跡もよく、明言という感じ」。
 苦笑しながらという風情のときもあるし、
 真剣に言っておくぞというような調子もあるという。
 
 いちおう、最後の寝言として記憶されているのは、
 「つうきせい(通気性のことかと思われ)」である。
 空気の通りのことについて、ぼくは寝言した。
 (ん、「寝言する」という言い方は気に入ったぜ)
 じぶんが「通気性」と預言していたことについて、
 ぼくは「受け容れよう」と決めたのだった。
 その日から、生きることのなかに、
 「通気性をチェックする」という一仕事を加えた。
 企画にしても、組織にしても、服や建物についても、
 「通気性は大丈夫かな?」と考えることにしている。
 これは、おおいに善いことだったと思う。
 
 そして、昨日だ。
 「また、寝言を言った」と伝えられた。
 言われてもぼくはあわてない。
 女性の名だったり、下品な単語であったりしても、
 眠ってる人間のすることだ、知ったことではない。
 しかし、あわてないとはいえ、気にはなる。
 「なんて言ってた?」
 「けっこう強い口調で、『もう、飽きた!』って」
 ‥‥そうか、そんな身も蓋もないことを寝言したか。

 「もう、飽きた!」‥‥東北の旅をしていて
 「もう、秋田!」と言ったのかもしれないけれど、
 たぶん、そうじゃないんじゃないかなぁとは思う。
 
 眠っているおれよ、もうちょっとヒントをくれ。
 なにに「飽きた」のだ。
 起きてるおれは「飽きた」ことをガマンしているのか?
 それとも、じぶんに関係の薄いなにかに「飽きた」のか。
 いちばん知りたいのは、じぶん自身だっつーの。
 「人生に飽きただったりして」と冗談を言う唇が寒い。
 次の寝言が出るまでは、「飽きた」のチェックをします。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
飽きたを100万回言ったあとに、夢の領域が見えるのだ。
posted by DOKSO at 15:56| Comment(0) | itoi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。