2012年04月07日

ダーリンメモ 4/7

 
・ものすごく歌のうまい人っていますよね。
 そういう人って、ことばの意味なんかわからないような
 幼児のころから歌がうまかったりする。
 「どうしてそんなにうまいの?」と訊いたって、
 本人だって、どうしてだかわからない。
 
 同じように、踊りのうまい人だっています。
 運動のものすごく得意な人もいます。
 どうしてっていうくらい絵のうまい人もいます。
 表情が豊かでつい見ていたくなるような人もいます。
 人を笑わせるのがすっごく上手な人もいます。

 みんなすごい才能だと思います。
 なかなか比べるのもむつかしいし、
 数字に置き換えにくいことなのですが、
 あきらかに、「すてきなもの」として存在してます。
 
 そして、その「すてきなもの」は、
 時にはプロのアーティストとして評価され、
 また時にはプロのアスリートとして認められたりします。
 だけど、そのことでめしを食っていくほどじゃないけど、
 そういう「才能」が、たっぷりある人はたくさんいます。    
 ただ、仕事になりにくいので、
 眠ったままになったり、
 そのまま錆びててしまうことも多いんですよね。
 
 インターネット以後というのは、ここらへんの状況を、
 ものすごく変えてくれたんじゃないでしょうか。

 プロにはならないけど、ものすごく歌がうまい人は、
 いまの時代だったら、世界に向けて歌えますよね。
 それで食っていくというわけじゃなくて、
 「すてきなもの」を分けあえる、それで喜んでもらえる、
 けっこうな拍手やお礼のことばももらえたりもする。
 辣腕のマネージャーやら大きな代理店もいらない。
 インターネットのすごい技術も必要なわけじゃない。
 すっごいことだと、あらためて思うんです。
 「チャンスがない」なんてグチ言ってられないし、
 「他に仕事があるから」なんていいわけもできない。
 いわば、幸運がごろごろ転がってる時代じゃないのかな。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
あなたもぼくも、ほんとは世界とつながってるんですよね。
posted by DOKSO at 16:00| Comment(0) | itoi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。