2011年11月22日

ダーリンメモ 11/22

「悲しいことなんか、あるに決まってるさ」
 なんてことも言わずに、微笑んでいる人がいます。
 つらいとか、苦しいとか、悲しいとか、怖いとかを、
 感じない人は、おそらくいないと思います。
  
 悲しい悲しい、怖い怖い、と連呼したがる人と、
 それを感じても黙って笑っていようとする人と、
 どこがちがうんだろうと考えました。
 
 厳しい状況で、どうして微笑んでいる人がいるのか。
 ぼくは、たくさんの「そういう人」を見てきました。
 彼らひとりひとりの繊細な感受性については、
 ぼくはよく知っているつもりです。
 恐怖にしても悲しみにしても、
 感じてないはずはないのに、落ち着いて微笑んでいる。

 そういう人は、ぼくが思うには、たぶん、
 「そういう人でありたい」と思っているから、
 そういう人でいられるのだと思うんです。

 だいたいのふつうの人は、
 「そういう人でありたい」と思ってないんです。
 とても自然に悲しんだり怖がったりしているだけで、
 どういう場面で、どういう人間でありたいかなんてこと、
 考えないでふるまっているのだと思うんです。
 おそらく、ちがいは、それじゃないかなぁ。
 どういうじぶんでありたいのか?
 これは、自然な裸のふるまいの上に、
 じぶんで着られる衣装かもしれないです。
 「おしゃれ」っていうのも、そういうことなのかも。
 
 今年は、あの震災があったせいで、
 特にたくさんの「そういう人」に会えたと思います。
 男性もいるし、女性もいる。老人も、若い人もいます。
 自然なふるまいももちろんできるし、
 他の人を守るための笑顔も絶やさない人たちです。
 実際に、「そういう人」はちゃんといる。
 そういう人のことを、いいなぁと見ていると、
 じぶんもだんだん「そういう人」に近づけるかもです。
 「そういう人でありたい」と思うもの、やっぱり。
posted by DOKSO at 11:44| Comment(0) | itoi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。